2017-8-1 ひきこもり
cknhkr4

今、引きこもりが長引いて、
40歳以上の中高年の「引きこもり」が多いそうです。

そうした中、親が亡くなった後、引きこもりの子どもが
生き延びていけるかが不安視されています。

本人が40代ということは、その親御さんの年齢は、
70代以上となっているはずです。

ひきこもりは、長引けば長引くほど、
ひきこもりから脱却するのにパワーが必要です。

「親の死後、中高年の引きこもりはどう生きるのか」

生きるためには、どうすればいいのか?

といった深刻な問題があります。

 

続きは動画でご覧ください。

 

cknhkr2

 

新規コメントの書き込み

CAPTCHA